残念な人間の投資記録。

このブログでは、豪ドルによるトラップトレード25銭間隔、トルコリラ、メキシコぺソによる利益複利運用の威力を検証している。使用しているFX会社はマネーパートナーズnano。

冒険の書(364日目)「貿易戦争。+750円」

2018.6.19の記録(豪ドル/円)


こうげき(確定利益) +0円(0ヒット:通算736ヒット)

げんき玉(複利運用) +750円(TRY:4.8万通貨、MXN:14.0万通貨)


これまで(2017.1.25から)の確定利益

+810,772円(現在の含み損:-1,396,124円

HP  311,164円/350,000円 亀仙人

2018.5月   +90,802円(42ヒット)ヤジロベー

2018.4月   +66,709円(30ヒット)

2018.3月   +90,822円(36ヒット)ジャッキーチュン

2018.2月 +116,896円(57ヒット)

2018.1月   +79,863円(40ヒット)クリリン、ナム

 

 

2017年 収支まとめ損益

 +273,951円(504ヒット)

 


スタート資産(追加証拠金)
450万円=150万円+30万円+5万円+5万円+5万円+3万円+52万円+50万円+50万円+50万円+50万円

 

豪ドルが下げている。ここまでくると次の相場へ流れが生まれる可能性あり。リスク管理としてポジション量、値幅間隔、追加証拠金の措置を行い乗り越えたい。まずは、値幅間隔を広げて一時的な下落相場と向き合おう。メンタル勝負になるなw。

 

現在の仕込みポジション

2018.3.15より(メキシコペソ 20,000円で1万通貨 複利運用)

2018.2.12より(トルコリラ 30,000円で3000通貨 複利運用)

2018.3.5より  (豪ドル 82円〜78円 50銭間隔 50銭利確 8000通貨)

2017.12.8より(豪ドル 90円〜82円 25銭間隔 25銭利確 8000通貨)