残念な人間の投資記録。

このブログでは、豪ドルによるトラップトレード25銭間隔、トルコリラ、メキシコぺソによる利益複利運用の威力を検証している。使用しているFX会社はマネーパートナーズnano。

冒険の書(324日目)「トルコ金利。+4,356円」

2018.4.24の記録(豪ドル/円)


こうげき(確定利益) +4,000円(2ヒット:通算665ヒット)

げんき玉(複利運用) +356円(TRY:3.0万通貨、MXN:8.0万通貨)


これまで(2017.1.25から)の確定利益

+631,511円

HP  123,381円/250,000円 ヤジロベー

2018.3月   +90,822円(36ヒット)ジャッキーチュン

2018.2月 +116,896円(57ヒット)

2018.1月   +79,863円(40ヒット)クリリン、ナム

 

 

2017年 収支まとめ損益

 +273,951円(504ヒット)

 


スタート資産(追加証拠金)
400万円=150万円+30万円+5万円+5万円+5万円+3万円+52万円+50万円+50万円+50万円

 

「期待を裏切る。期待に応える。」本日の夜にトルコリラ政策金利が発表される模様。これまで前者の実態が多かった。しかし、今回は流れが違う。政党が一丸となってエルドアンの暴走に待った!をかける形である。そうなれば、政策金利の引き上げも期待が増すことになる(エルドアンの言い成りにはならない!)。

豪ドルの利益を複利運用として高金利通貨のスワップ運用にあてている。現在のところ順調に資産を増やしている。さてさて、どうなることか。

 

現在の仕込みポジション

2018.3.15より(メキシコペソ 20,000円で1万通貨 複利運用)

2018.2.12より(トルコリラ 30,000円で3000通貨 複利運用)

2018.3.5より  (豪ドル 82円〜78円 50銭間隔 50銭利確 8000通貨)

2017.12.8より(豪ドル 90円〜82円 25銭間隔 25銭利確 8000通貨)