残念な人間の投資記録。

このブログでは、豪ドルによるトラップトレード25銭間隔、トルコリラ、メキシコぺソによる利益複利運用の威力を検証している。使用しているFX会社はマネーパートナーズnano。

冒険の書(303日目)「ハズレ。+574円」

2018.3.26の記録(豪ドル/円)


こうげき(確定利益) +0円(0ヒット:通算635ヒット)

げんき玉(複利運用) +574円(TRY:2.4万通貨、MXN:4.0万通貨)


これまで(2017.1.25から)の確定利益

+552,684円

HP  204,008円/250,000円 ヤジロベー

2018.2月 +116,896円(57ヒット)

2018.1月   +79,863円(40ヒット)クリリン、ナム

 

 

2017年 収支まとめ損益

 +273,951円(504ヒット)

 


スタート資産(追加証拠金)
400万円=150万円+30万円+5万円+5万円+5万円+3万円+52万円+50万円+50万円+50万円

 

豪ドルの中期下落局面のトレンドが変化しそうだ。80円を割り込む可能性があったが、なんとか81円を回復。今後は82円の前半のブレイクがカギを握るとのこと(為替王)。相場を見抜く力をつけたいがトラップトレードの戦法でいけば長期的なリスク管理が何より大切。ブログチェックが毎朝の日課となっている。あわせて、他のブロガーのスワップの統計的分析、トラリピ、独自の戦略者など多くの方の情報も参考にしている。

先週末には日本円への逃避的買いが先行したため円高が進んだ。底なし沼の様な感覚を感じずにはいられなかった。それも82円の壁をブレイクできるか希望へと変化している。もちろん、全力で応援している。なんならば、オーストラリアビーフでも買ってみるか!70円へ突入!そんなタイトルで下落を予想する専門家も多数いたなかでの反発!その予想「ハズレ」と言わせてもらいたい。さて、82円の壁よ。勝負の週といこうか。

 

現在の仕込みポジション

2018.3.15より(メキシコペソ 20,000円で1万通貨 複利運用)

2018.2.12より(トルコリラ 30,000円で3000通貨 複利運用)

2018.3.5より  (豪ドル 82円〜78円 50銭間隔 50銭利確 8000通貨)

2017.12.8より(豪ドル 90円〜82円 25銭間隔 25銭利確 8000通貨)