残念な人間の投資記録。

このブログでは、豪ドルによるトラップトレード25銭間隔、トルコリラ、メキシコぺソによる利益複利運用の威力を検証している。使用しているFX会社はマネーパートナーズnano。

冒険の書(296日目)「調子よく。+2,229円」

2018.3.15の記録(豪ドル/円)


こうげき(確定利益) +2,000円(1ヒット:通算629ヒット)

げんき玉(複利運用) +229円(TRY:2.1万通貨、MXN:2.0万通貨)


これまで(2017.1.25から)の確定利益

+534,446円

HP  222,246円/250,000円 ヤジロベー

2018.2月 +116,896円(57ヒット)

2018.1月   +79,863円(40ヒット)クリリン、ナム

 

 

2017年 収支まとめ損益

 +273,951円(504ヒット)

 


スタート資産(追加証拠金)
400万円=150万円+30万円+5万円+5万円+5万円+3万円+52万円+50万円+50万円+50万円

 

豪ドルが下げている。81円には強い壁があるとのこと。反発を繰り返しながら次の材料探しという展開なのか。為替王ではメキシコペソを押している。メキシコはアメリカの経済に左右される傾向がある。それならば先が楽しみな通貨といえる。トランプ政権が交代したらいろんな意味で急騰する可能性があるとかないとか。複利分散投資にはもってこいである。

 

現在の仕込みポジション

2018.3.15より(メキシコペソ 20,000円で1万通貨 複利運用)

2018.2.12より(トルコリラ 30,000円で3000通貨 複利運用)

2017.12.8より(豪ドル 90円〜75円 25銭間隔 25銭利確 8000通貨)