残念な人間の投資記録。

このブログでは、豪ドルによるトラップトレード25銭間隔、トルコリラ、メキシコぺソによる利益複利運用の威力を検証している。使用しているFX会社はマネーパートナーズnano。

冒険の書(281日目)「深刻な申告。+2,104円」

2018.2.22の記録(豪ドル/円)


こうげき(確定利益) +2,000円(1ヒット:通算596ヒット)

げんき玉(複利運用) +104円(TRY:1.2万通貨)


これまで(2017.1.25から)の確定利益

+459,231円

HP  32,545円/150,000円 ジャッキー・チュン

 

2018.1月 +79,863円(40ヒット)クリリン、ナム

 

 

2017年 収支まとめ損益

 +273,951円(504ヒット)

 


スタート資産(追加証拠金)
400万円=150万円+30万円+5万円+5万円+5万円+3万円+52万円+50万円+50万円+50万円

 

確定申告が終了した。去年の損失をしっかりと3年繰り越すためだ。もちろん、すべて取り返す!という意気込みは危険である。確実に利益を上げて利用できる制度は利用する。そんなところだ。為替王の展望としては「円高」もしくは「過度の円安は難しい」とのこと。ゴールデンウィークあたりもボラが期待できそうである。

 

現在の仕込みポジション

2018.2.12より(トルコリラ 1000円で100通貨 複利運用)

2017.12.8より(豪ドル 90円〜75円 25銭間隔 25銭利確 8000通貨)