残念な人間の投資記録。

このブログでは、豪ドルによるトラップトレード25銭間隔、トルコリラ、メキシコぺソによる利益複利運用の威力を検証している。使用しているFX会社はマネーパートナーズnano。

冒険の書(205日目)「データ。+0円」

2017.11.7の記録(豪ドル/円)


こうげき(確定利益) +0円(0ヒット:通算450ヒット)
これまで(2017.1.25から)の確定利益

+204,872円

HP 85,110円/100,000円 大魔王ゾーマ

 

2017.10月 +10,024円(12ヒット)

2017.9月 +35,017円(44ヒット)カンダタ

2017.8月 +34,885円(45ヒット)

2017.7月 +32,140円(46ヒット)

2017.6月 +26,771円(51ヒット)キングスライム

2017.5月 +23,583円(55ヒット)

2017.4月 +12,950円(50ヒット)バブルスライム

2017.3月 +9,437円(64ヒット)
2017.2月 +12,078円(64ヒット)スライム

2017.1月 +3,121円(13ヒット)


スタート資産(追加証拠金)
198万円=150万円+30万円+5万円+5万円+5万円+3万円

 

今年の相場は2008年以降もっともボラが低いとのこと(年間高低差8.81円、1日変動0.72円)。やはり!値幅を狭くしたり、ポジションを増やすことは勝ち組(10%)と負け組(90%)の基準でもあるとか。想定内のレンジあることが一番大切であって、今年一年で資産を大きく増やすなど考えないことである。

TRADE12氏から参考)

要するに大魔王ゾーマの「いてつく波動」の要因でないことが立証された?ことも意味する。そう言えば「おたけび」という特殊な技も厄介だったな。身動きが一定期間とれなくなる。まさに、北朝鮮アメリカ、日本の関係と良く似ている。戦いが終わらない限りボラUPは難しいのかもしれない。

 

現在のパーティー
勇者:残念な父ちゃん(主に現実世界で肉体労働:追加証拠金担当)
僧侶:情報の娘(未来チャートを使用した相場の把握:セントラル短資
戦士:へそくりの母(マネーパートナーズ:連続注文)
商人:現実的な息子(ポジション量とリスク管理:m2j)
 

現在の仕込みポジション

2017.7.12より(年率??% 資金210万)

90円〜75円 25銭間隔 25銭利確 3000通貨

 

以下終了

2017.5.3より

(年率12%運用レベル 資金200万)

87円〜77円 25銭間隔 25銭利確 2000通貨

 

2017.4.19より

(年率10%運用レベル 資金150万)。

85円〜76円 60銭間隔 60銭利確 300通貨

2017.2.13より

85円〜90円 25銭間隔 60銭利確 100通貨

2017.1.25より
88円〜75円 10銭間隔 60銭利確 400通貨