残念な人間の投資記録。

このブログでは、豪ドルによるトラップトレード25銭間隔、トルコリラ、メキシコぺソによる利益複利運用の威力を検証している。使用しているFX会社はマネーパートナーズnano。

さてさて、旅の準備も整いそうだ。

現在のパーティー
勇者:残念な父ちゃん(主に現実世界で肉体労働:追加証拠金担当)
僧侶:情報の娘(未来チャートを使用した相場の把握:セントラル短資
戦士:へそくりの母(マネーパートナーズ:30銭利益幅)
商人:現実的な息子(ポジション量とリスク管理:m2j)


やはり、戦士はマネーパートナーズを使用することとした(また、気が変わるかもしれないが)。

次に、商人の現実的な息子より具体的なポジションの取り方について考察した。
{37C15CBA-6382-4B6A-9CC8-D7B3EB97D7D9}

90円から75円の間に30銭幅でポジションをもつ。利益幅も30銭(1000通貨)。ロスカットは55円付近。

これが冒険に必要な設定だと思う。安全に配慮し、スプレッドや手数料無料のメリットを考えると、この形となった。

勇者の働きで追加証拠金が増えれば(頑張れ!父ちゃん!)、マネーパートナーズの100通貨のメリットを活かして細かなポジションの構築を目指す。

作戦は!
『いのちをだいじに』
である。

様々な検証ブログを参考にすると年間40万円(同じ設定値)は利益を得る予定。年率26%である(自己資金150万円)。

さて、マネーパートナーズより冒険の書(口座開設書類)が届くまでしばし休むとするかな…。